top of page
検索

悲しみと憂鬱の違い。



悲しみと憂鬱は似ているように見える感情状態ですが、重要な違いがあります。


悲しみと憂鬱の違いは次のように理解できます :

悲しみ :


悲しみは、失望したり、イライラしたり、苦痛を感じたりする状況に応じて、誰もが経験する正常で普遍的な感情です。

たとえば、愛する人の喪失、関係の終わり、または重要な目標の失敗は、悲しみの感情を引き起こす可能性のある状況です。一般に、これらの感情は時間の経過とともに薄れ、何か前向きな出来事が起こると消えます。

うつ病 :


一方、うつ病は臨床診断であり、多くの要因や種類があり、悲しみや憂鬱を超えたものです。


悲しみや絶望感が少なくとも 2 週間続き、日常生活に重大な支障をきたすことが特徴です。


さらに、うつ病はさまざまな身体的および心理的症状を伴います。これには、以前楽しんでいた活動に対する興味や楽しみの喪失、食欲や体重の変化、集中力の低下、過度の無価値感や罪悪感などが含まれます。場合によっては、これには死や自殺についての考えが含まれることがあります。

要約すると、悲しみとうつ病の主な違いは、症状の期間と強度、そしてこれらの感情が日常生活の機能にどの程度影響するかです。

自分がうつ病かもしれないと思われる場合は、心理学者の心理カウンセリングを受けることが重要です。

Comments


bottom of page